日 常
 
2005年2月スタート
 


SOCCER -ANNEX
==Explain==
フランスワールドカップのアジア最終予選です。 8年前のことなんで思い出せないことがたくさんあるとは思いますが…当時バイト先のらくがきノートに連載していたものです。

ドーハを乗り越えてフランスへ!前半

前々回のフランス大会の時の最終予選の模様を、当時バイト先で落書きノートにきままに書いていたサッカーレポをそのまま掲載します。

ドイツワールドカップへ、厳しい最終予選をむかえている今、懐かしさだけでも思い出して読んでもらえたら幸いです。


9月8日 ドーハを乗り越えてフランスへ!第1回


いよいよ開始!本誌待望のこの企画。みんなで日本代表をフランスへ!!

早速昨夜おこなわれた 日本vsウズベキスタン の結果から。

 日本 6-3 ウズベキスタン

試合開始早々のPK。カズが落ち着いて決めた。
このシーン僕は涙が溢れそうになった。何故なら、4年前の最終予選のロスタイム、コーナーキックからの失点はみなさんの記憶の中にもあるはずですが、
あのときはショートコーナーだったんです。その時
センタリングを入れた選手にチェックにいっていた選手。それがカズなんです。
あの日から、あっという間に4年が経ちました。でも昨日のPKはあのドーハのコーナーキックからつながっていたんです。そう感じずにはいられなかった。

これからの日本の戦い。カズからは目がはなせないよー。



9月21日

ドーハを乗り越えてフランスへ!第2回


早速UAE戦のスコアから

日本 0-0 UAE

敵地で引き分け、勝ち点1をげっと。暑さの中での引き分けは日本代表にとって良かったのではないでしょうか?前半の中田のダイビングヘッド、後半の伊原のヘディングシュート。2本とも決定的だったのが(伊原のは、小村が触ってオフサイド)悔やまれるけど、ディフェンスの方はまずまずやっていたと
おもいます。 ぜひホームでのUAE戦では、勝ち点3をゲットして欲しいです。そしていよいよ来週の日曜日28日は国立での韓国戦です。万全の準備をと思い仕事を休みにしてもらいました。キックオフは14:00からです。見れる人は見よう!!かなり熱い試合になると思います。ロペスは日本代表にはいれるんだろうか?日本はホームでの試合だけに絶対に勝利しなければならないのだぁ。とにもかくにもみんな見逃すなーー。



9月29日

ドーハを乗り越えてフランスへ!第3回



はぁxxxため息つきながら、まずスコアから

日本 1-2 韓国

あーぁホームで負けちゃった。しかも韓国にまけちゃった。なんかさぁーxx私の意見を述べるとですねぇxx山口すごいっす。もうそりゃぁ熱くなったさ。そのくせなんでディフェンシブにすんのさ!?
どーして攻めないのさ??残り20分 1点リードで何故守りきれると確信が生まれる?1点のリードで安心すんなよ!もうあれ以上得点できなかったかもしれないけどさ。というわけで采配ミスだと思います。それこそが敗因。ま、気持ち切り替えて勝ち続けるしかない。でもさ、勝てる試合落としたら選手は迷うよね??  危うし日本代表!!



10月6日

ドーハを乗り越えてフランスへ!第4回



悪夢のような、韓国戦から立ち直りを計りたい日本イレブンは敵地にてカザフスタンと対戦しました。戦力的に格下のカザフ相手に大量得点差で勝利したい日本だったんですが…

カザフスタン 1-1 日本

とりあえず何から書こうか?と悩みますが、またまたロスタイムにやっちゃいましたよ。集中力がないのか?運がないのか?? カザフ相手に引き分けたもんだから、いよいよ本大会が遠のいてしまいました。そして、ついに加茂監督が解任されて、岡田ヘッドコーチが新監督になりました。日本が本大会に行くには残りの試合に全勝しないといけません。仮に韓国にまた負けるとなると、UAE(現在2位)が日本以外にもう1つ負けないといけないんです。それでですね、いろいろ書いたけれども日本は残り試合全勝できるか??というと可能性はゼロではないと思います。4-4-2のシステムで戦って欲しいです。とにもかくにも韓国以外には、勝てる実力が日本にはあるんです。マスコミやサポーターがさわいでる。選手としては、やりにくいとは思うけれど、やっているのは、戦うのは、選手なのでやっぱり選手自身もこれまでの結果では納得してないはずです。僕としてはもう、けっこうどうでもいいし、韓国にもアウェイで大敗すりゃいいさぐらいの気持ちになってるんですがあと4試合。代表イレブンのプライド。意地をみせてくれると信じています。頑張って欲しい。。。



10月12日

ドーハを乗り越えてフランスへ!第5回


いよいよ崖っぷちにたった日本イレブン。ここからの4戦すべてに勝利を収めないとならない状況で、初戦に6-3のスコアで快勝したウズベキスタンとアウェイで対戦しました。

ウズベキスタン 1-1 日本

どーにもこーにも書くことがみつかりません。どーやら本大会出場もいよいよ危うくなってきました。なんとか後半44分に追いついて負けはまぬがれたんだけど、監督代われど相変わらずの試合内容らしく(やけになってゲームは観ていない)、もう怒りまくってます。僕の意見としては、もうセオリーを考えず何としても勝つ様に気合をみせて欲しいです。今の代表は計算しすぎてると思うんです。もっと予想外の展開にも対処できるようにするべきだし、その時々に選手自身が判断するべきなんです。次のUAE戦は井原が出場停止です。どーなることやら。

現在の勝敗:
1位 韓国 4勝0敗1分け 勝ち点13
2位 UAE  2勝1敗1分け 勝ち点7
3位 日本 2勝1敗2分け 勝ち点6

1位は本大会確実。2位になると可能性あり。
3位はダメ。



Feb.20(Sun)16:51 | Trackback(0) | Comment(0) | SOCCER -ANNEX | Admin

ドーハを乗り越えてフランスへ!後半

10月27日

ドーハを乗り越えてフランスへ!第6回


ホームでのUAE戦 結果は??

日本 1-1 UAE

頑張ったんじゃん?ちょっとファールが前半多かったね。結局セットプレーで失点したのが引き分けになっちゃった。でも昨日の感じだともう1点とれたよ。どーなるんだろう残り2試合。サッカーって1分あれば、1点取れる。何が起こるか誰にもわからない。韓国戦でもどーなるかわからないんだ。大和魂みせてやれぇxx-。もう見守る以外ないっすよ。
UAE連敗しろぉーー。

残りゲーム予定
11月1日 韓国戦(ソウル)
11月8日 カザフ戦(国立)



11月2日

ドーハを乗り越えてフランスへ!第7回


いよいよ大詰めです。ソウルでの韓国戦どうなったんでしょうか?


韓国 0-2 日本

なんと勝っちゃいましたねぇ。ロペス動きいいんじゃん?名波いいじゃん?この土壇場で日本イレブンやってくれました。残すはホームでのカザフ戦。
でもカズ&ロペスが累積警告で出場できません。日本にフランス行きの可能性を残すべくフォワードは誰なのか?騒がれつつある 高木&中山 COMEBACK! 頑張れ日本!!!!!!!!!!

(11月3日 UAEがウズベクとドロー
 日本は現在2位、カザフ戦に勝利するのみ!!)


11月9日

ドーハを乗り越えてフランスへ!第8回

とりあえずホッとしています。なんとかゲットしたB組2位。スコアの方を見てください。

日本 5-1 カザフスタン

かなりプレッシャーのかかったゲームでした。ロペスとカズを累積警告で欠く替わりに中山がついに登場!!。素晴らしいほどの気合とガッツをみせて、前半終了間際にセットプレーから強引ともいえるヘディングシュートを決めてくれました。とりあえずB組2位ですが、16日の第三代表決定戦に勝たなくては今までの苦労が水の泡です。対戦相手となるA組2位はイランが濃厚です。勝利したチームが本大会出場なので激しく、そして厳しいゲームになると思います。会場は中立国のマレーシアです。日本チームはチーム内にまとまりが生まれ、ゲームに臨む雰囲気は上昇しています。えー以前にも書いたように、サッカーってなにが起こるかわかんないんですよ。例えば、日本がソウルで韓国を破ったように、UAEがウズベキスタンと引き分けたように。特にアジアなんて運で決まっちゃったりするかも知れない訳ですよ。だから、どんなゲームになるのかいろいろ考えてみてもはっきりとはわからないんです。でも、自分としては、勝ってフランスに行って欲しいんです。前回のアメリカW杯の予選からいろいろなドラマがあったわけで、今回の予選もすんなりとはこれなかったでしょ?日本代表は、個人的な能力はあまり高くないと思います。ですが、組織的に良い戦い方ができれば、アジアは突破できる実力がたくさんあると思います。諦めずに戦って欲しいですね。(先制点をいれられたりしても)後はカズが出場したら注目して欲しいです。なんだかんだと日本サッカー界の中心にいた人です。これがラストチャンスだと思います。けっこう結果を出してきた人です。というわけで、長々書きましたが勝てば歴史的なゲームなので、暇な人も興味がない人もみてみましょう。


11月17日

ドーハを乗り越えてフランスへ!最終回


祝!アジア予選突破&本大会 初 出場

9月7日のウズベキスタン戦から始まったこの企画。
予定の8試合+第3代表決定戦を含む全9試合を伝えてきました。とことん追い詰められた日本代表についに神様が実らせてくれました。


日本 3-2 イラン


☆(試合内容)

いろいろと騒がれたツートップはカズ、中山でスタート。さすがに最初は動きに硬さがみられました。どちらのペースとも、はっきりしないゲーム展開でした。前半39分に中田のスルーパスから中山がGKと1対1になり、落ち着いてゴール左下へゲット。前半を1点リードで折り返しました。後半に入りすぐに井原のミスから、ダエイにシュートを打たれアジジに押し込まれて同点。その後秋田のマークから外れたダエイにハイボールをあわせられて逆転されました。ここですかさず日本ベンチはツートップのカズ・中山を同時交代。城、ロペスを投入。そして、中田・城のアトランタ組のラインがはまり、城ついに大一番同点ヘディングゴール。息を吹き返したかのように攻める日本。しかし後半終了のホイッスルで延長Vゴールに持ち込まれました。ここで岡野が登場。(北沢とチェンジ)イランの運動量はここにきて最低のところまできていて、岡野に決定的チャンスが何度もやってきたが、外す×2.中田のキラーパスも水の泡です。延長戦も後半に入り城と相手GKが接触。GKは上半身左を負傷。そこへしびれをきらしていた中田が、GKの左下を狙ってシュート。案の定GKがこぼした所へなんとか岡野が汚名返上とばかりにとびこんで日本に勝利を呼ぶゴールを決めました。


☆(中田の活躍)

この試合、全得点に絡んだ中田。ディフェンスの意識も高く、なにより広い視野で日本の攻撃をコントロール。パスミスもあるけれど、積極的な攻めはアジアの壁を破る原動力になったのは間違いない。この先の日本代表を導く選手だと思う。


☆(世代交代)

ついにこの時がきたというか?これがあったから勝利できたというべきなのか?はわからないけれど、日本サッカー界を支えてきたというか、引っ張ってきたカズが途中交代した。本人は以外だったという顔をしていたけど…。この大一番で城がゴールを決めた。このような舞台でゴールすれば自信となり、経験となる。その場所には、今までカズが立っていた。でもいつまでもカズが衰えないわけがないのだ。意義ある交代だったと感じた。そしてチャンスをものにして、日本の勝利に貢献した城はすばらしいです。

☆(忘れてはいけない!)
このゲーム影のMVP。秋田。イランのスーパーFWアリ・ダエイに執念のディフェンス。この予選を通じて急成長した。



Feb.20(Sun)16:50 | Trackback(0) | Comment(0) | SOCCER -ANNEX | Admin

ドーハを乗り越えてフランスへ!編集後記

~編集後記~
約2ヶ月間いろいろと書いてきました。それはまぁどーでもいいんですが、日本サッカーファンの夢が叶い、自分を含め喜んでいる人がたくさんいると思います。これだけ本大会への道のりは険しいんだとみな実感したと思います。何よりここまであきらめずに夢を勝ち取った選手に感謝ですね。
そしていよいよ、本大会へ出場します。はっきりいうと、日本代表は初出場なので大敗すると思ってる人も多数いるでしょう。それでも、世界とどれだけの差があり、どれだけ差が少ないのか、そんな風に観たい気持ちでいっぱいです。この歴史的なゲームを観れたこと、とても貴重だったとおもいます。

ここまでよんで下さった方。ありがとうございました。これからも日本代表を応援しようね。



Feb.20(Sun)16:32 | Trackback(0) | Comment(0) | SOCCER -ANNEX | Admin


(1/1page)